大学時代の彼に仕込まれた露出癖がエスカレートした結果 その1

▼あり得ないHな体験談▼
大学時代の彼に仕込まれた露出癖がエスカレートした結果 その1

 

初めて、告白させていただきます。



私、27歳の普通のOLです。



大学生の時の彼に露出プレーを仕込まれてから



(当時は、初めての彼だったので、みんなこうなのだと思ってました。)



露出癖が着いてしまいました。



その後、付き合った人もみんな、



外で恥ずかしいことをさせたりしないので、



満足できずオナニーするようになり、



いつも外で、辱められながら、



しているのを思い浮かべ、してました。



去年の春先から、自分で、下着をつけずに外出したり、



時には真夜中、車で誰もこないようなところに行き、



車の中でオナニーしたり、



全裸で車から出てスリルを味わって、



一人で興奮していました。



先日、とうとう車で公園に行き



全裸でその公園で言い訳がつかないようなことをしてしまってから、



自分の中で何かが、はじけたみたいです。



昨日も夜の7時ごろ、民家は全然無い車道の脇の一段下がった



(私が立っても車道まで頭が出ないくらい下がってます。)



歩道で、全裸で浣腸を3つして、



乳首とあそこにバイブレーターを当てたまま



ガードレールの柱のところにロープをかけそこに引くとしまるようにして、



後手に縛ったまま30分ぐらい腹痛を我慢しながら気持ち良いのに、



いけずにいました。



車は、5分間に2・3台通り過ぎて行きます。



その状況にすごく興奮して、



あそこからは、恥ずかしい汁が膝のあたりまで濡らしておりました。



そんな状況下で、我慢できずに、



おもらしを・・・立ったまま、



お尻からすごい音とともに出してしまいました。



自分の足に出したものが付き、



すごい惨めで、どうしようもないのに、



次の瞬間には、いってしまう自分がいました。



そのまま、寒さの性でおしっこもしてしまい、



ほとんど、放心状態でいました。



力は抜けて、手を上にしたまま、



自分の排泄したものの上でしゃがみこみながら、



バイブレーターは動いたままでした。



何回いったかは、分かりませんでした。



寒さで、我に返ると自分でしていることが信じられなくなってきて怖くて、



急いでロープから、手を抜き自分の体についている排泄物を車まで戻り、



ウエットティッシュで隠れながら、



拭い急いで着てきたコートを着て、車に乗り走らせました。



車の中が、くさいので、どこかでちゃんと洗い流さないとと思い。



誰もこなそうな公園を探し、



そこの水道できれいに洗い流しました。



つくづくこんなことをしている自分が、



惨めで、でも感じている自分に、



▲Chance! FJPマスタープログラム




そのときすごく興奮してしまいました。



そこの水道の上に、水飲み用の蛇口が目につき思わず、



またいでしまい、あそこに入れてまま水を出して、



あそこの奥に水があたるのと、冷たさにしびれ、



手で胸をもみながらあそこをこすりながら、



もう一回いってしまいました。



本当に変態だと思います。車にふらふらしながら戻り、



ハンカチで体を拭き寒さを我慢しながら帰り、



お風呂で十分に温まってから、



昨日は裸のまま寝ました。



今日は、何も予定が無かったので一日中部屋で、



全裸で昨日のことを思い出し



それに輪をかけた恥ずかしい思いを考えながら、



3回も一人でしてしまいました。



こんな私でよければ、御命令ください。



立場上あまりいえないかもしれませんが、



本当に人に見られても構いませんが、



犯されるのは、絶対いやです。



でも・・・見られそうな状況が好きなので、



できることはしようと思います。



土曜日の夜十時ごろ家を車で出ました。



市内に有る24時間無人の立体駐車場です。



そこの駐車場は、通路の脇に駐車スペースが有るタイプで、



屋上は無いのですが、一番上の階から一つ下の階に車を止めました。



連休と言う事もありほとんど車は無いのですが、



一応自分の車より上に車が無いか確認してから、



着てきた服を全部車に脱ぎ、



イチジク浣腸とバイブレーターをもって車の外に出ました。



車の後ろに回り、四つんばいになり、



浣腸を3つしてゴミを車のせ、



自分に



「私は露出狂の変態女、今日はこんな私は、犯されるんだ。犯されていくまで、絶対に車に戻れない」



と言い聞かせ車を離れていきました。



一番上まで行き、そこで寝転び目をつぶりながらしばらくいました。



車のエンジン音、人の声が、やたら頭に響いていましたが、



「私は変態・私は変態の露出狂」



と心の中で何度も言いながら我慢していました。



あそこがぬれてくるのがすごく分かります。



ここからは、自分の空想と、実話です。



三人の男の人に裸で居る私が見つかってしまいました。



「こんなところで裸で何してるの?」と聞かれ



「私は露出狂です。こんな私でよければ、ここで犯してください。」



自分の口に出して言いました。



その男たちは、それを聞いた瞬間に体中を触りまくり、



自分で、胸を荒々しくもんだり、あそこに指で刺激しました。



しばらくして、いってしまいました。



力が抜け、おなかに入れた浣腸が効いてきて



我慢できなく成ってきたのです



腕にはめた時計を見るとすでに11時を過ぎていました。



その男たちの命令で、



▲Get Now! TAKA潮吹き動画教材




「こんなところでしたら汚いからトイレでしろよ」



さすがに全裸のままトイレまで行く勇気が無いので、



コートだけを車からとり、前ボタンはせずにエレベータに乗り、



1階まで下りていきました。



周りを見渡し、人が居ないのを確かめてエレベーターの前で、



コートを脱ぎ、トイレまで急いで行きました



男たちに連れられていくのだから、と思い迷い、



男性用の方の個室に入りました。



コートを扉のフックにかけ、



そこでもいくまでは、させてもらえずに、



声を噛み殺しながらオナニーしました。



その間、3人の方が出入りしたと思います。



やっといって許しをもらってから、



おもいっきり出しました。



その音が、すごく恥ずかしく、



男子トイレに全裸で居る自分に興奮し、



綺麗にしてから、コートを片手に持ち人が居ないのを確かめて



トイレから出ました。



全裸にコートを持ったまま、



エレベーターのボタンを押し、



そわそわしながら来るのを待っていました。



すごく長く感じましたが、実際は1分も無いですよね。



すごく怖いのと、興奮が入り混じって、



パニック状態です。



来たエレベーターに飛び乗り急いで扉を閉め



最上階のボタンを押して、



どうにか無事にたどり着きました。



そこからは、もう狂ったようにバイブをあそこに入れて、



犯されるのを想像しながら、5回ぐらいいきました。



我に返ると自分が怖くなり、急いで車に戻り服を着て、



その駐車場を出ました。



しかし高速に乗り、おし●こがしたくなり、



私の中の変態の私が考えてしまいました。



路肩に車を止め、全裸になって、



車が通り過ぎて行くところで、



(壁と車の間ですので、車からはたぶん分からないとおもいます。)



してしまいました。



そこで車からバイブレーターを持ち出し、してしまいました。



自分が、今は分かりません。



今日も一日あそこにバイブレーターを入れたまま、



抜けないようにガムテープを押さえ代わりにつけて、



スイッチを入れたりきったりしながら、



いくのを今まで我慢しております。



トイレに行く度に、自分が変態だと思い知らされました。



この告白を書きながら、スイッチは、入れっぱなしです。



送ったらいかせていただきます。



タグ:野外 :露出 :性癖 :オナニー :OL :M女 :緊縛 :浣腸 :アナル
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX