妹のオマンコをグチョグチョにかき回してアヘ顔を拝んだったwwww

▼中出しのエッチな体験談▼
妹のオマンコをグチョグチョにかき回してアヘ顔を拝んだったwwww

 

私は今25歳です。兄弟は私を入れて4人。姉兄妹です。



しかしとにかく子供のころから家族全員仲悪く、



私自身中〇のときから高校卒業するまでほとんど家に帰らず、



自由奔放に生活し、高校卒業と同時に家出同然にでていき、



それから今までずっと一人暮らしをしています。



もちろん、家をでてから一度も実家に帰ってはおらず、連絡もとっていません



兄弟の記憶といえば・・・小〇校のときよく喧嘩した。



くらいなもんで、顔すらもはやわからない。。。



といった状態でした。



家族に興味もなかったので、どうしてるかなぁ・・・



とか、その類のことは全く思いもせずのほほんと日々生活してます。



ちょうど1年くらい前、友達がコンパをしよー!



と言い4対4のコンパをしたときのこと。



結構久々のコンパだったんですが、男女みんなノリも合い、



めちゃくちゃ盛り上がる飲み会になりました。





「みっちゃん」



という女性と主にしゃべりましたが、これがまた非常にいい子!!容姿も少し童顔ですが、おもしろい子で、ものの数分で随分仲良くなったものです。



2次会、3次会とみんなで飲み歩き、始発がでるころに解散となったんですが、私はみっちゃんとかなり気があい、しかもまだ飲める!というもんだから、私たちだけで、飲みいこー!ってなったんです。



私の家はそこからチャリで10分くらいの距離だったこともあり、うちで飲むことに。



少し眠い感覚はありながらも、お互い飲むは飲むは。



何時なのかわからないくらいで、私がトイレにいき、でるとみっちゃんはソファーでうとうとしていました。



それからふとんに移動し、まぁ真冬で寒いところでしたので一緒に寝ることになり、流れでそのままエッチになりました。



昼すぎくらいに起き、コーヒー入れてみっちゃんの寝顔でも見ながらタバコを吸っていると、ゆっくりみっちゃんは起き出しました。



私はまたふとんに入り、まったりキスしながらまたエッチをしました。



相性がよいのでしょう。



お互い我を忘れそのあともずっとイチャこきながら、何度かセックスをし、腕枕状態でたわいもない会話をしていると、みっちゃんが携帯で撮った色んなシャメを見せてくれました。



あーだこーだいいながらシャメを見てると、一枚家のシャメが。



これ誰の家??って聞くと、全然帰ってないけど、実家ーという。



なーんか見覚えがあるなぁって思ってもう一度見ると、私の実家でもあるんです・・・・・・・ん?みんなアダナで呼び合っていたので、苗字なんか気にもなってなかったんですが、何気に苗字を聞くと・・・私と同じ苗字・・・・ちなみに私の妹は



「みな」



というんですが・・・みっちゃんって、みなって言うんか???こわごわ聞くと、そうよ? あ、言ったっけ?と。











完全に目が覚めてしまいました・・・そう、私の妹だったんです。



私の苗字も聞かれて、どうしよ・・・・ってなり、ふとんから出て思わず正座してしまいました。



そして、なぜか出た言葉が、



「久々」



でした。



正体をばらすと、お互いなんともいえん空気になってしまい・・・ちなみに私は小学校のときはスポーツ刈りで、どこにでもいそうな元気なスポーツ少年って感じでしたが、今は完全にバンドマン。



的な容姿。



中学のときからほぼ面識のない妹はわかるはずもない。



そして、私は家族に興味すらなかったので、もちろん妹の顔なんか覚えてもなかったんです。



おにいちゃん なんて呼び方も今まで一度もなかったですし、お互いアダナですら呼びづらくなりました。



30分くらいして、もう笑うしかないって感じでお互い変に笑いました。



兄弟4人。



しかしその中でも私と妹は特に仲が悪かったわけでもなく、しゃべっていたわけでもない。



変に他人みたいなもんでしたので、ある意味新鮮にその後普通の会話をしてしまいました。



どうやら妹も、家族と一緒にいるのがある日嫌になり、20歳で家を出ていたようです。



あー、モノホンの近×××ってやつをやってしまった・・・そう私が言うと、妹は急いで服を着だし、

▲1押し! 北条麻妃 正しい教科書

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX




「忘れよう」



といいました。



そうだな。。。。



そう言うしかなく私も服を着て横になりました。



きまずくはあるんですが、この短時間に何度も体を合わせているからか、ふとんに二人横になっても、そんな違和感はなく、ただ何も話さず天井を見上げるようになってました。



すると、あんだけ出したのに、またすさまじく勃起してきてしまい、ただヤリタイ。



この感覚に。



いやいやいや、できん。



と自分の中で葛藤していたんですが、ふと妹のほうを向くと、妹は私のほうをじーっと見ていました。



「なに・・・人の顔みないで」



テレながらそういうと、妹は何も言わず反対をむきました。



私はしばらくして、枕元にすわり、勃起したものを外に出し、妹にいってしまったんです。



「なぁ。



もう一回だけしゃぶってくれない?」



妹はまったくこっちもみず、背中を向けているだけ。



そりゃそうだな。











と反省し、またふとんにもぐりこみました。



しばらくして妹が急にこっちを向き、ふとんにもぐりだしました。



え?妹は何も言わずフェラをしてくれてます。



もうわけがわからんくなり、私は妹を抱きしめ、キスすると、さっき以上の勢いで舌が絡み合い、もうお互いまた止まらなくなりました。



アヘ顔の妹のおまんこはグッショグショになっており、愛撫を忘れてギンギンのものを入れると、妹はもう叫び声に近いあえぎをみせだし、私も狂ったように腰をふりました。



それからまた何度かセックスをしました。



そして週2~4日、妹は私の家にくるようになり、セックスばかりしています。



今までなかったことですが、私のことをおにいちゃん と呼ぶようになり、今妹は、彼氏はいるんですが、よくうちにきてはセックスをします。



「おにいちゃん・・・・気持ちいいよーーー」



AVみたいなこのせりふで私は何度でもできます。



うちにくると、3回は必ずやるんです。



やばいっす・・・彼女作る気がまったく起こりません・・・生理前はよく中出しするようにもなってます。



最近はアナルセックスもするようになってしまってます。



あー。



やばい。



タグ:妹 :兄妹●姦 :近親●姦 :アナル :アナルセックス :中出し :フェラ :クンニ
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/