アパートの隣の部屋のお姉さんに中出し放題wwwwwwwww

▼中出しのエッチな体験談▼

アパートの隣の部屋のお姉さんに中出し放題wwwwwwwww


 


アパートの部屋が隣どおしと言う事もあり、



今では、ベランダの防火壁を取り払い、



何時でも、二人の部屋を往来しています。



お姉さんは、今までの禁欲が解放されたせいで、



呆れる位に性に対して貪欲に成っています。



先週末も、金曜日の夜から、月曜日の朝まで服を着る事無く、



ずっと、裸のままで、抱き合っていました。



金曜日は毎週、仕事が終わるとお姉さんの部屋に行き、



食事をした後、二人でシャワーを浴びます。



アパートなので、システムバスで狭いのですが、



そのおかげで、お姉さんのおし×こシーンも拝見させて頂いております。



狭いバスルームで体を洗い合い、



お姉さんの股間にぼくが手を差し込むと、



ネットリとした体液があそこから溢れ出しています。





お姉さんの体を洗い終えると、お姉さんがぼくの体を洗ってくれます。



お姉さんは、胸にボディーソープを垂らし、ぼくの上半身から、敏感な股間に向かって丁寧に洗ってくれます。



シャワーで体を流した後に仕上げと言って十二分にそそり立っているぼくのチンポをお姉さんの小さな口でカプリと咥えてくれます。



この一ヶ月の間に猛特訓したフェラチオをしてくれます。



今まで、何度かそのまま抜かれているので、その日は、グッと我慢をし、先走りのチンポ汁だけを口内に留め、バスルームを出ました。



会社から帰る前に、お姉さんのために電マを購入して来たので、裸のまま、二人でじゃれあいベットで電マの威力を試してみました。



お姉さんの両手を背中で縛り、体を横たわらせると、両足をM字に開脚させ、期待でベットリと濡れているマンコの少し上のクリトリスに電マを押し当てると、お姉さんはびっくりする位に大きな声を張り上げ、腰をガクガクと前後の振り、呆気無く上り詰めました。



一度くらいの昇天ではお姉さんが満足する事が無い事をぼくは知っているので、そのまま、電マをクリトリスの部分に強く押し当て、振動を”強”にすると、枕元にあったタオルでお姉さんの口を押さました。



夜の9時頃に女性の部屋から”やめて~””いや~””死んじゃう~”などの絶叫が聞こえたらまるでお姉さんの部屋に強盗でも入り、お姉さんがレiプされているとご近所さんに勘違いされてしまいます。



5回ほどお姉さんを昇天させると、お姉さんのマンコはビックリする位のマン汁を垂れ流し、お尻の穴までベットリと濡らし、ベットシーツはおmoらしをしたみたいに潮の染みを作っていました。



時間にして1時間程、お姉さんを電マで愛撫し、お姉さんを失神寸前の状態にすると、ぼくの期待で硬くそそり立っているチンポをお姉さんの濡れ濡れのマンコに挿入しました。



一ヶ月前までは処女だった事など嘘の様にお姉さんはぼくを迎え入れ、朦朧とした意識の中でぼくの腰に両足を絡め、腰だけは別の生き物のように狂ったように激しく腰を前後に振ってきます。



毎日のようにお姉さんのマンコで鍛えられているぼくのチンポはお姉さんの腰の動きには負ける事無く、チンポの先端を子宮口にねじ込むが如く激しくチンポの出し入れを続けます。



チンポの出し入れの最中もお姉さんは何度も昇天し、その度に股間からは大量の潮を吹くので、ぼくの下半身もお姉さんの下半身もベトベトになり、ベットマットまでお姉さんの潮でグッショリとなったいました。



避妊をしないままのチンポを出し入れし、二人の性器の粘膜を擦り合い、激しい出し入れを繰り返し、ぼくは限界が来たので、お姉さんの中に白く濁った精液を発射しました。



その晩、一回目の射精でお姉さんは失神し、先程まで潮を吹いていた場所から、黄色い体液(オシっコ)を放出していました。



お姉さんが昇天して失神しているのでぼくは休憩するためにベランダに出てタバコをすっていると、アパートの隣に住んでいる大家が一階からお姉さんの部屋を見上げていました。



きっと、電マでお姉さんを昇天させていた時に発せられていた淫声が隣の大家の家まで聞こえていたのだと思います。



隣の部屋の住人が妙齢の店子の部屋のベランダで、それも裸のままでタバコをすっている事にいぶかしんでいたと思います。



人心地ついたので部屋に戻りましたが、お姉さんは失神したままでした。



M字に開かれた股間からはおびただしいぼくが放出した精液とお姉さんのマン汁が溢れ出し、真っ赤に腫上がったマンコがポッカリと口を開いていました。



その日は、その後も、何度も何度もお姉さんのマンコの中に精液を放出しました。



お姉さんは半分位しか意識が無かったですが、体はずっと発情しており、いやらしく腰を振ってぼくを楽しませてくれました。



金曜の夜から月曜の朝方までずっと愛し合っていたので、ぼくのチンポもお姉さんのマンコも腫上がり、ぼくは会社に行くためにパンツをはくと亀頭の部分が擦れとっても痛かった。



お姉さんが駅まで行く後姿を見ていたら、歩く姿が蟹股になっていました。



これからも、ずっとお姉さんの事を愛していこうと思っています。



子供が出来たらお姉さんの実家(名古屋)まで行き、厳しい両親に結婚の了承をお願いしに行くつもりです。



タグ:生挿入 :中出し :セフレ :隣人 :痴女 :淫乱 :失神 :絶頂
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/