呼んだデリヘル嬢がGカップのクソデブ!90分22,000円高過ぎwwwwwwwwwwww

▼風俗嬢とのエッチな体験談▼
呼んだデリヘル嬢がGカップのクソデブ!90分22,000円高過ぎwwwwwwwwwwww

 

◆スペック







174cm 80kg



昔、スポーツ(柔道)やってたので、太ってはいない



フツメン







160cm



Gカップ



(サイトではそう書いてあったけど、お腹がHPの写真よりでてた)



芸能人詳しくないから



森三中の黒沢を若干可愛くした感じってことで



90分22000円です



今日、俺は仕事中にあんまりにもムラムラきてしまい、



どうしても自分の手では収まりがつきそうになかった





知らない土地に1人暮らしなので、暇も潰しづらい



なので、人生で初めてデリヘルを呼ぶことにした



携帯で色んなデリヘルを見て、



ホテル借りるお金ももったいないので、自宅呼べる前提で探した



まず、目に付いたのはA店のマミさん(仮名)



早速ドキドキしながら電話するが、あいにくマミさんは予約でいっぱいだった



仕方なく、次点で気になっていた



Gカップのデリヘル嬢の黒沢を呼ぶことにした



予約も空いてなく、9時半には来れるというので、



食事を済ました後に普段飲まないレッドブルを飲み、



亜鉛のカプセルを2つも飲んだwwwww



ロ○ハーを見ながら、約束の時間を越えて



10分くらいして、ドアのノックを叩く音が聞こえた



ドアを空けると、先述の通り、黒沢をちょっとかわいくした嬢が入ってきた



黒沢「どうも~、はじめまして!!」



俺「どうもはじめまして、俺と申します、よろしくお願いします」



俺は自分が風俗初めてであることを正直に言って、部屋の中に入れた



友達から借りたメタリカのCDを見て「こわ~い」って言われたり、



飾ってたライダーのマスクコレクションに興味をもたれたりした



そして「じゃあシャワー浴びましょうね~」



というと、部屋で服を脱ぎ始める嬢



・・・背中にタトゥー彫ってあった・・・ドラゴンみたいな・・・



思わずアイシールド21の阿含を思い出した・・・



そして、HPで見たグラマラスボディではなく、樽のような体系だった



正直、ここで少し萎えたが「せっかく22000円も払ったんだし、



物凄いクリーチャーではないのだから、楽しもう!!!」と思い、風呂に入った



風呂では乳首をイジられたり、手コキされたり、フェラされたりした、



プロの技は初めてだったので、ずっとビクンビクンしてた



そして、ベッドの方に行くと、



黒沢は俺に馬乗りになって、ローション手コキを始めた



黒沢「気持ちいい?」



俺「はい、気持ちいいです、黒沢さん・・・」



そうすると、黒沢は俺の乳首を舐めてきて、



俺はかなり感じて「あっあ・・・あああ・・・気持ちいい~~・・・」



とか言ったり、「こ、こんなの始めてぇ・・・」とか

▲必須! 【勃起射精大全】~ペニス能力開発法~






同人誌みたいなセリフを吐きまくった



黒沢は魔性の笑みを浮かべて



(部屋は間接照明だけだったので、肌がキレイに映り、かわいく見えた)



じゃあこんなのも気持ちいい?っていいながら、



ローションのついた指で蟻の巣渡り(っていうの?」



とか、イジリ始めた



俺はあんまりにも気持ちよくって、



喘ぎ声をあげながら、何度も体をくねらせた



そして黒沢がローション手コキを続けながら、



耳とかなめてくるので、俺のMスイッチに火がついた



俺「へ、変態って言ってください・・・」



黒沢は最初は「え?」みたいな表情を浮かべるも、



その後すぐに微笑みながら、



「変態って呼ばれると気持ちいいんだ~~~www」



といいながら、手コキを強めた



俺は「あぁ、僕は変態です!!もっと変態って言ってください!!」



というと、黒沢は「変態!!変態!!へんた~~い!!」



と言いながら、激しくローション手コキを行った



かなりテンションが高くなり、もだえながらも俺はさらにリクエスト



俺「こ、こんな変態だから、彼女もできないんだよって言ってください・・・」



というと、黒沢は少し吹き出して「そんな変態だから彼女もできたいんだよ!!」



と強めの口調で言った



そこから黒沢もテンションが激しくなってきたのか、



乳首を強めに噛んできて、俺が「あぁ!!」と言うと、



黒沢は「ホントに変態なんだね~~~www」と言ってきた



調子に乗った俺はさらにリクエストで・・・



俺「あ、赤ちゃん言葉でイジめてください・・・」というと、



黒沢は「え?(ポカーン)」みたいな顔をしてからすぐに



「これが気持ちいいんでちゅか~~~? 



変態でちゅね~~~~wwwww」と言ってきた



ローション手コキも激しくなってきて、



気持ちよかったんだが、ある異変に気づいた



90分コースでもう60分は経とうというのに、イク気配がない・・・



自分も思わず「気持ちいいけど、イケない・・・」



と素のテンションで言うと、



黒沢は「・・・じゃあ、挿入てみる?」と言い始めた



俺は「え!?デリヘルって本番ないんでしょ!?」みたいなこと言うと、



黒沢は「内緒ね」と言い、俺の形だけはバッキバキになった



息子を手に取り、コンドームをつけ始めた



ここで、先ほど書いたが、黒沢のマムコから



ちょっとチンカスみたいな臭いがして、少し萎えそうになった



そして、騎乗位で挿入・・・



感想は「重い」だった



ゴム越しだからか、



あまり感触が伝わってこず、あまり気持ちよくなかった



正常位に変えてもらって突いてみるも、少し気持ちよくなったものの、



イクには程遠かった



そして結局、延長もせず、終了



シャワー浴びてるときはもう素のテンションで



「もっとイジめてください!!変態って呼んでください!!」

▲重要! 【記事一括提供】男性版恋愛マーケティング!






なんて言ってたのが嘘のような、イってもいないのに賢者タイムだった



そして、俺は黒沢を見送ると、



22000円という決して安くはない料金への喪失感に追われた・・・



タグ:風俗 :デリヘル :デブ :風俗嬢 :賢者タイム :本番 :手コキ :巨乳 :
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/

ハッピーメールバナー