パンチラしていた従姉妹とセックスして中出ししちゃったエロ体験

▼中出しのエッチな体験談▼
パンチラしていた従姉妹とセックスして中出ししちゃったエロ体験

 

親戚の叔父が急死しました。死因は心筋梗塞。



無くなった当日には早くも私のところにも連絡が来たので、



週末という事もあり金曜の仕事が終わり次第、



私は自分の妻と子を連れ、



そのまま実家のある静岡に向かったのです。



静岡の実家に着くとそもまま1泊し、



翌日土曜日の過夜に参加する為、



喪服をだけをもち車で葬儀場のあるコミュニティホールへ



両親と妻と子とともに向かったのです。



するとコミュニィホールには見た事ある親戚や



見た事もない親戚が数十名おりました。



※外部の方は誰もおりませんでした。



なくなった叔父は既に仕事を引退していたので、



会社関係の方々を呼ぶ事もなく、



身内だけの密葬で葬儀を行うという感じでした。





10年いや、15年ぶりくらいにあう美穂がいました。



美穂は私の母の兄弟の娘であり従姉妹、



私と美穂は美穂が3歳、4歳くらいからよく静岡の実家や、



祖父母の家でよく遊んだものです。



しかし、今となっては私ももう38歳となり、



美穂も30歳になっておりました。



しかしこの約15年の間、



母から聞く美穂の噂は決してよいものではなく、



20代前半で結婚し、1年たたずに離婚したとか、



今でも親にお金を借りに来るなどという話ししか聞かなかったのです。



案の定、美穂は昔の面影はなく、



茶髪でメイクも濃く、



たしかにスタイルもよく美人なのかもしれませんが、



俗に言う遊んでそうな感じのような雰囲気がありました。



私と美穂は久しぶりの挨拶を重ね、



近況などを話し合いました。



そして時間も夕方になった頃から寿司やビールなどが並べ始められ、



私と美穂は唯一同じ年代という事であり、



(ほかの親戚はみな50歳↑あるいは10歳↓の子供ばかり)



意識したわけでもなく隣同士になり、



酒の力もあってか懐かしい話に花を咲かせていたのです。



その光景を母も妻も快く思っていなかった事でしょう。



そしてその日の晩は、



コミュニティーホールに宿泊する組と、



それぞれの実家や生家にかえる組に分かれました。



私は実家に帰る組でした。



美穂はコミュニティーホールに泊まる組でした。



そして私も妻や子を連れ、



実家に帰り風呂に入ろうとしていたときです。



コミュニティホールから出てまだ1時間くらいしか経っていませんでした。



突然、携帯のラインの音がなったのです。



こんな時間に誰だ?と思い確認すると、美穂でした



「ラインいたから友達登録した♪」



というものでした。

▲Chance! プレイボーイ大百科

ハッピーメールバナー




それは先ほど番号交換をしたので、



その為に私のラインがわかったのだと思います。



そして私は「そっちどう?」などと下らない会話をラインでしていると、



美穂は「こっちは超ヒマ!!相手して!!(笑)」



と冗談か本気かわからないメッセージが届いてくるのです。



結局、それからラインで数回メッセージを往復し、



私は家族には行き先を告げず、



またコミュニティホールに向かったのです。



目的は美穂と会う為でした。



この段階からなぜかトラブルに巻き込まれるような気はしてましたが、



50歳、60歳、70歳の親戚連中の中でする事もないであろう美穂を不憫に思って、



少し話相手になってあげるか。



と軽い気持ちで行ったのです。



美穂はまだ喪服をきていました。



そして私たちはコミュニティーホールから少し離れた



今はもう使われていない市場に行きました。



ここも昔とは違いずいぶん寂れたものです。



そしてそのまま昼間は老人が将棋などで使っているベンチに腰をかけ、



また二人で話しだしたのです。



しかし、結局男と女が二人っきりで、



また酒を飲むという状態なら、



話す内容はおのずと知れてます。



H話になっていました。



最初はベンチに座るとき、



お互いが同じ方向を向いて座っていたのですが、



いつからか、美穂はこちらを向き、



ベンチをまたぐように座っているのです。



(誘いがきたと感じました)



なぜなら、美穂の喪服のスカートは、



厳粛な葬儀の場には似合わず、



ミニスカート同様の長さであるため、



私の方に角度をかえてベンチにまたぐように座られると、



見えはしませんが、限りなくそそるような角度になるからです。



かといって、私のほうもまんざら嫌いではありません。



酔いもありましたので、



「美穂、パンツみえるよw」とからかうと、



美穂は「え?ほんと?でもヒロ君やったら見てもいいよ♪」



などと言ってたのです。



私もそれくらいでやめて置けばいいものを



「じゃ、見せて?」というと、



美穂は「ちょっとだけだよ」といい、



脚をそのままベンチにあげ、



私から見たらちょうど体育すわりになるような姿勢にしたのです。



すると黒のストッキングの奥に白い下着が見えたのでした。



そして「エロそうな顔してるわりには、意外と清楚な感じだな」というと、



「葬儀で赤のTバックとかやったら罰あたる気するしww」



などと会話し、私が触れようとと手を伸ばしたところ・・。



「鑑賞は5000円ですw特別価格w」



といってきたのです。



私は「金とるんか?ww」と聞きましたが、

▲重要! 恋愛アフィリエイト作成講座-恋愛アフィリシークレット

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX




ちょうど木曜にパチンコで数万買っており、



(5000円くらいならいっか。)



ともはや既に美穂の術中にハマっている私がいました。



私は「後で払うw」といい、



美穂の膝を持ち少し広げ、



ストッキング越しにワレメゾーンを指でなぞりました。



そしてストッキングを脱がし、



また今度はパンティの上から同じ位置を指でなぞったのです。



美穂は濡れていたのか既にパンティは湿っておりました。



そして指を入れようとすると、



「ここから先は指とフェラ込みで一万円追加♪」



などと言ってきました。



また私は「わかったw後で払うからw」



とパンティを膝まで脱がし、



指を入れる事にしたのです。



遊んでる女=ガバガバまじめな女=シマリがいいと思っていましたが、



必ずしもそうではないのかもしれません。



美穂は外見に似合わず、アソコの中はシマっており、



年齢も30であるにもかかわらず、



感度がよいのか非常に良く濡れていました。



そして指2本をいれ中をクチュクチュクチュとかき出すように刺激すると、



美穂は「アッツ・・イヤン・・アン♪キモチイ・・w」と感じ出しました。



そして指で一度イカせる事がでできました。



集中的に指を入れていると、



「イク!!やばいwいくかもwアアン・・!イ・・イク!!」と言い、



腰をガクン!ガクン!と揺らしたのです。



そしてフェラをしてもらおうと思いましたが、



さすなに人気のない薄暗い市場とはいえ、誰かがきたら終わりです。



いったん私たちは立ち上がり、



美穂は下着をはきなおし、



ストッキングをカバンの中にいれ、



徒歩でフェラができるスポットを探したのです。



そして見つけた場所は市場の管理事務所の非常階段でした。



ここの階段の塀に身を隠せばどこからも見られる事はありません。



僕は階段に腰かけ、自分の息子をだすと、



美穂は手コキをし始め、すぐに口にパクンと含んだのです。



自分の妻の消極的なフェラとは違い、



美穂はまるでAV女優かのような、



やらしいフェラをしてきました。



そしてイキそうになると、



美穂は意図的にフェラをやめ・・・



「挿入は1万円ですwフェラ追加は5000円です」



と言ってくるのです。



私もヤケになっており



「じゃ全部込みで2万で手を打ちましょう」と取引し、



結局挿入までする事になりました。



美穂はスカートをたくし上げ、



階段で座る私の息子の上にまたいできました。



そしてパンティははいたまま、



そのまま一部だけめくり、グッツグッ・・・

▲要Check! Black Jewel Box~黒の宝石箱~






と中に入れてきたのです。座位の状態でした。



そして美穂の腰振り開始。



美穂は「ああん、きもちい・・やばいめっちゃ奥まで突かれてる」



と感じまくっています。



僕はただフェラを中途半端で終わってるので、



もしかしたら3分もたないんじゃないか。



という気持ちだけでした。



しかし、美穂は高速で腰を振り続け、



結局3分経たないまま「イキそう。もうすぐ出る」・・・



といったにもかかわらず!!!



腰を抜く事をやめずに振り続けるのです。



「おい、美穂!まじ出るって!!」



といいますが美穂は



「アン!アハ!!アン!!」と感じながら、



パンパンパンパン!!!



と高速でピストン。結局そのまま中に出してしまい



(ああ。出してしまった・・。後は妊娠してない事を祈るだけか・・)



と、その時はじめて(美穂の誘いにのるんじゃなかった・・)と後悔しました。



そしてしばらく美穂は腰を振り続け、



満足しつかれきったのか、



立ち上がりました。



「はー暑いwwめっちゃ暑いww」などと言ってました。



それから「お前中で出されてるのわかってる??」と聞くと



「え?冗談でしょw」なんていってきます。



結局、口論のような状態になりましたが、



二人とも酔っていたので話しにならん。



という事もあり、



そのまま私たちはあまり遅くならないようにそれぞれ帰りました。



そして葬儀も終わり、



2週間くらい経ったところ・・・



「妊娠してるかも」とラインが・・。



とにかく詳しく聞くと、生理がこない。



一度病院にいきたい。というのです。



で、予想通り「金」でした。



ここからはもう割愛しますが、



それからさらに10万ふんだくられました。



結果として妊娠はしておりませんでしたし、



生理は最終的にはきました。



(そもそも生理こない病院いきたい)



というのも美穂の嘘かもしれません。



そして最終的に「もう二度と連絡してくるな」という結末となり、



今のところ美穂から私に連絡はありません。



火遊びには注意しないといけないと心から思った出来事でした。



タグ:従姉妹 :近親●姦 :喪服 :パンチラ :生挿入 :中出し :フェラ :手コキ
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX