今は妻子持ちですが、独身時代の中出し体験を報告します。

▼中出しのエッチな体験談▼
今は妻子持ちですが、独身時代の中出し体験を報告します。

 

現在、妻子持ちです。



独身時代の中出し体験を報告します。



当時、よく出会い系でセックスしまくっていた。



この日も昼から暇女アポ掲示板に投稿後、



好みのタイプと体型を条件に登録し、



女性のメールを待っていた。



当時は会員数も多かったので、



投稿すると30分ぐらいでアポが決まる事が多かった。



地元の某喫茶店で待つ事30分。



目のクリっとした、とても可愛くスタイルのいい女性が登場。



ちょっとお洒落なワンピースに網模様のストックングで美脚。



少しの間世間話しするも、



俺のチンチンは即入れたいモードで



話しは適当に切り上げ、隣のホテルへ。





ベットへ押し倒して服を激しく剥ぎ取る。



彼女はレいプされているようで怖かったらしく、目に涙が滲んでいた。



ストッキングの上から脚にシャブリつき、



パンティーの中心部を強く何度も擦り上げると、



彼女は身体をヒクつかせ、よじり



「あ、あぁんいいあぁぁ凄くいい感じる」



と悶え始めた。



そしてストッキングを引き裂き、



パンティーの真ん中を横にずらして秘部を触ると、そこは大洪水。



シャワー前という事で、結構、臭い匂いが漂う。



彼女もそれを察してか、俺が舐めると。



「待って。シャワー前だから汚いよぅ。恥ずかしいからシャワー浴びさせて」



と言うも、俺はそれを無視してそのままプレイ継続。



カチカチなチンコを彼女の口に差込み、十分にフェラしてもらう。



その後、彼女から



「もうガマン出来ない。入れて、早く来て」



と言うのでそのまま挿入しようとすると、



「ダメ、ダメダメ。ちょっと待ってよ、生はダメだよ、あたし結婚してるし」



と生挿入を阻止する。



彼女が言うには、夫婦共に子供が欲しくなり、



今日は危険日近くで今月のタイミングで子作りを計画している矢先の事で



絶対に間違いがあってはならん、との事だった。



「そっかぁ分かったよ、ごめんごめん。旦那さんの子を上手く妊娠出来るといいね。それなら、ちゃんと避妊した安全なセックスしないとね」



などと偽善者を演じ、中出し妊娠戦法開始!



一瞬萎えたチンコを最高のフェラテクで再度生フェラしてもらい、



カチカチに復活する手前でゴムを彼女の目の前で装着し、ドッキング。



正常位でしばし楽しみ、その後、バックに体位を変える時、



一瞬チンポを抜き、ゴムをさり気なく引き外し、



シーツ横に隠して生のまま挿入。



おおおお・・・・こいつの中は何だ!?



と仰天するほど気持ちいいマンコの持ち主で、旦那が羨ましい。



バックで奥の奥まで突きまくり、再度、正常位で突きまくり。



彼女のマンコからはピストンに合わせてダラダラに透明の汁が流れ、



彼女の肛門やシーツにまで流れ出ている。



そして彼女は先に2回昇天、

▲Get Now! オーガズム催眠

ハッピーメールバナー




ついには彼女の3度目の昇天に合わせて俺も彼女の奥深い子宮口で大噴射した。



しばらく2人ともチンコが刺さったまま重なり合ってボーとしていた。



少しして、ゆっくりとチンコを抜くと同時に濃いザーメンも流れ出してきたが、



ティッシュでチンコを包んでゴムを取るふりをして、



かつ彼女の潮を拭き取るようにし、中出しを誤魔化した。



30分後、2回戦を彼女の方から開始。



更なる興奮を目指し、



今回はホテルの部屋の窓のカーテン全開での窓際セックス開始。



大きな窓に彼女の裸体のオッパイ側を窓ガラスに密着させバックでの挿入。



「いやっ!見られてる!外の人に見られてるよぉ!」



と恥ずかしがりながらも声を上げて燃える2人。



その後、またまた正常位、かつ、



逆流防止のためかつ妊娠確立向上のため、



マンコの方を高くするくらいに覆い被さり、



激しいピストンの末にまたまた中での大量発射。



膣内に完全に浸透するように10分くらいはチンコを抜かずにいた。



またまた同じ手でテッシュを使い、



チンコを抜きベットで2人とも抱き合い、休憩していたが彼女が、



「うん?あれ?やだぁ・・・!」



と言ってトイレへ駆け込む。



すると、青ざめた表情で、手の平を差し出しながら戻ってきて



「ねぇ、ゴム着けてたよね?精子がいっぱい出てくるの。どうして?」



確かに、彼女の手の平に、



そしてトイレから歩いてくる途中で



内腿に俺のザーメンがしっかりと流れ出している。



慌てた彼女は、ゴミ箱から2回分のテッシュを取り出し、



その中には装着されてない事を証明する



精子の溜まってない濡れてもないゴムを確認した。



「やだ・・・どうしよう・・・何で?あれほどゴム着けてって言ったじゃない!どうしよう・・・・」



と言うと、その場で泣き崩れた。



「どうしよう妊娠しちゃうよぅどうしよう」



と号泣。



そんな姿が面白くてさらなる3回戦を誘うも、



訴えるだの責任取れだの言い出し、



始末が悪いので服とバックを奪い取り、



バックの中身を撒き散らし身分証明を俺のポーチに入れ、



「これで住所と名前、全部分かるぜ。旦那に、この仕事を報告してもいいけどどうする?よく考えや」



と一発どなると、すぐに大人しくなり、



3回戦目をしぶしぶやらせた。



が、今度は堂々と生挿入で、入れれば結局喘ぐ始末。



涙を流しつつ、しっかりと感じてるのがアホな女である。



3回戦目は、世間の恥を与えるために、



着てきたワンピースにたっぷりと服射してやりました。



その後、懸命に服ついたザーメンを泣きながら拭き取り、



下着を着ている姿にまたまたムラムラ。



彼女は動揺しているのか、



初戦で引き裂かれたパンストを穿いていた。



裂けている事に気付き、



またまた泣きながらパンストを脱いで俺に投げ付けると同時に、



また襲われた。

▲重要! 90日でブサイクがかわいい女を落とす方法 WL-A056

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX




4回戦目は、抵抗されまくる中、



横ハメ状態で中出し。



「何で何で私にこんな酷い事するのよぉお願いだから、もう許して、もう帰らせてお願いだから」



と言い、彼女が泣き疲れたところでホテルを出た。



駅から改札に入り、ホームに消える姿を見届けた俺は、



新小岩の某駐車場から車で帰った。



タグ:中出し :生挿入 :フェラ :出会い系 :鬼畜
記事引用:Hな体験談
http://infomgitaiken.blog.fc2.com/

ハッピーメールバナー